××だから○○してみた色々なことの為に、様々なチャレンジをしてみたから、記録に残しておくサイト

2019年1月4日(金曜日)

ラオス旅行で象使いになる為の言葉を覚えました

マホートの言葉

ラオスには、象使いの免許を取れる観光ツアーがあります。
(観光用の免許なので、正式ライセンスではないです。修了証的なものです。)

また、ラオスでは、象使いの事をマホートと呼びます。

最短で約半日のツアーなのですが、
実技だけでなく、1時間ほどの座学もあり、その際に象に命令を出す為の言葉も覚えます。

以下、10個の言葉さえ覚えれば、アナタも象使いデビュー出来ますよ!

象使い(マホート)の必須言語

■パイ:真っ直ぐ進め

■パイサイ:左に進め

■パイクア:右に進め

■ハォ:止まれ

■ソーイ:下がれ

■ティック:近づけ

■マップローン:しゃがめ

■ジャップオウ:掴み取れ

■ブーン:水をかけろ

■ソング:座れ

以上です。
基本的に、一回だけ言うのではなく、何回も繰り返して言う感じです。
実際に操る時は、声だけでなく、耳を蹴って進行方向の指示も出します。
右耳を蹴れば右に曲がりますし、両耳を蹴れば真っ直ぐ進みます。

また、これらの言葉は、ゾウの為のオリジナル言語ではなく、ラオ語ですので、
タクシーに乗った時の指示出しにも応用できますよ!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr